子育てコーチングNLPのおすすめ講座を比較 » みんな子育てで悩んでいる » 子どもに強く当たってしまう

公開日: |最終更新日時:

子どもに強く当たってしまう

目まぐるしい日々、次から次へとやることに追われ、イライラしていても休む暇もなく働き続けるママは、いつだって爆発寸前ですよね。

そんな環境では感情をコントロールすることは非常に難しく、衝動的に子どもをどなったり叩いたりしてしまう状況に陥りやすくなります。

子育てのイライラを何とかしたい、心身ともに限界を迎えそうなママに向けて、具体的な解決方法を提案します。

イライラしては自己嫌悪…そんなループを断ち切るために

子どもに当たってしまう原因は何でしょうか?1人ひとりにさまざまな事情があるはずです。

たとえば、夫や周りからの協力が得られずに、孤独に子育てをしていることかもしれません。自分の時間がまったく取れないと息がつまります。精一杯やっているのに、家族から育児に対して口出しされてしまっては、もう何もかも嫌になってしまって当然です。そんなギリギリの状態では、誰だって気持ちに余裕をなくしてしまいます。

イライラが止まらないときは、心にゆとりが生まれるように、今できることを探してみましょう。最も理想的な方法は「休むこと」です。頑張り屋さんのママは、いつでも家事や育児を優先させてしまい、ほとんど休憩を取れずに1日を終えてしまっているかもしれません。「疲れたな…」と思ったら、気合を入れる前に一度座って休憩しましょう。

イライラと向き合うには、まず自分自身の心のゆとりを持つことを最優先にしてみてください。

子育てでは誰もが一度は通る道

子育てが簡単だったという人は、おそらくこの世にいないでしょう。それほど子育ては難しいものです。困難にはネガティブな感情が付きもの。子どもにイライラしてはいけない、などということはないのです。

子どもに対してイライラしてしまう自分を否定して責めないでください。むしろ、その感情をどうにかしなければと気づけたことを褒めてあげましょう。あなたが自分を客観視できていて、冷静に判断できている証拠なのです。

怒りは自分の気持ちと現実にズレが生じたときに沸き起こります。言う通りにして欲しいのに子どもが言うことを聞かない、急がなければならないときに限ってぐずるとき、などが当てはまるでしょう。人間は自分がこうしたいと思ってその通りにならないと、生理的にイライラを感じてしまいます。

子育ては思い通りにいかないことの連続。イライラして当たり前なのです。子どもに対してイライラしてしまう、強く当たってしまったからといって、子育てに向いていないと自分を戒める必要はありません。

子育てはうまくいかないのが当たり前で、失敗するのは自分だけじゃないと少しでも思えれば、あなたを追い詰めている感情も、徐々に気にならなくなっていくかもしれません。

イライラしてしまうときにやってみてほしいこと

イライラの感情を瞬間的に切り替える方法がいくつかあります。日常生活で試してみて、自分に合ったイライラ解消法を見つけてみてください。

深呼吸する

イライラや不安があるとき、人は無意識に呼吸が浅くなっています。意識的に深い呼吸をすることで、副交感神経の働きを高め、リラックス状態に近づけることができるでしょう。

ラジオ体操のように、両手を大きく広げて深呼吸を繰り返すと、肩の力が抜けてさらに効果的です。

その場を離れる

子どもが安全な場所にいる場合、イライラした瞬間にトイレに行くと、気持ちを切り替えやすくなります。

物理的にその場から離れることで、目の前の景色が変わり、気持ちに小さな隙間が生まれるからです。

その場から離れられない場合は、手を洗う、窓を開けて風に当たる行動でも同じような効果が得られます。

好きな音楽や散歩で体を動かす

体を動かしたり、好きな音楽を聴いたりすると、脳内で幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌が活性化します。セロトニンは気持ちを穏やかにし、冷静な判断を手助けしてくれる有能なホルモンです。

日頃から家事をするときに好きな音楽をかけたり、子どもと一緒に散歩に出かけたりすることで、気持ちが穏やかな時間を意識して増やすことができるでしょう。

子育てにおいて完璧なママは存在しない!

あなたが「子育てに向いていない…」と感じる理由は何でしょうか?

「子育てが楽しいと思えない」「子どもに対して怒りの感情を向けてしまう」と感じていても、まったく問題ありません。

子どもや子育てに対するネガティブな感情は、どんなに素晴らしいママでも必ず持っている普遍的なものです。

子育ては明確な正解がない、難易度MAXのチャレンジ。未知の経験である「子育て」に向き合おうとしているだけでママはすごいのです。

つらいときは、素直に休憩をとってたくさんリフレッシュすることをおすすめします。本やセオリーに押し付けられたやり方ではなく、自分に合った方法や考え方を見つけることが一番大切です。

イライラしてしまうのは、そのひとつ前の感情を確認してみると、原因が特定しやすいもの。片付けをしない子どもに対してイライラしたときは、そのあとにやることがたくさんあって「時間がない」のかもしれません。その時は予定をいくつか変更することで、問題を解決できるのではないでしょうか。子どもがぐずってイライラしたときは、「私だって疲れている」のかも。休憩して自分をいたわってあげましょう。

まとめ
元NLPカウンセラーN子元NLPカウンセラー N子

心のゆとりを取り戻すには

家事、子育て、仕事…オーバーワークのママは、毎日をこなすのに精一杯で、自分を見つめ直す時間なんて捻出できない人も多いでしょう。

セルフマネジメントが物理的に難しい場合は、スクールやセミナーなどの対外的な力を借りるのも、効果的な手段です。

NLPでは、専門的な心理学を基に、日常生活で使える実践的な手法を学ぶことができます。たとえば「ぺーシング」は、相手の話し方や呼吸に合わせるコミュニケーションスキルのひとつです。ママも子どものお互いの自己肯定感を高め、一体感が生まれることで安心して話し合う関係を築けるようになります。

頑張ってるママにおすすめの
子育てNLP講座2選
実用的な子育てNLPが学べる
ファミリーコーチング
NLP講座
ファミリーコーチングNLP講座の画像

引用元:日本メンタルコーチング学院
https://ms-next.jp/

スタイル オンライン講座
スクール名 日本メンタル
コーチング学院

おすすめポイント

  • コース途中からでも参加可能なのですぐ始められる
  • オンラインで場所を問わず受講できる
  • 1回5,000円で講座を体験できるコースがある

電話で問い合わせる

基本的な子育てNLPが学べる
子供のやる気を引き出す
コミュニケーション講座
子供のやる気を引き出すコミュニケーション講座の画像

引用元:NLP研究所公式HP
http://nlpij.co.jp/講座一覧/will_of_the_child/

スタイル 通学講座
スクール名 NLP研究所

おすすめポイント

  • 通学講座なので外出を兼ねて学ぶことができる
  • 他の受講生と同じスピードで学べるので遅れを感じにくい
  • 内容に100%満足しなければ返金してくれる

電話で問い合わせる